シリコンよりも要注意!肌荒れを引き起こす硫酸系のシャンプー

どうもこんにちは!磐田市エステサロンアイディールの菅原です(^^)

今日はシャンプーのお話です。

あなたは普段、どんなシャンプーを使っていますか?

シャンプーは毎日するものですし、生活の一部になっていますよね!

毎日使う物だからこそ、しっかり確認しておいて欲しいことがあります。

そのシャンプー、安全な洗浄成分ですか?

シャンプーの洗浄成分は大きく分けて3つに分類されます。

①高級アルコール系
洗浄力が強く、刺激も強い
※皮脂の取り過ぎで乾燥&炎症をひきこしやすいため、肌が弱い方へはオススメできません。

◆主な成分
ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA、ラウレス-3硫酸アンモニウム、ラウリルエーテル硫酸Na

(市販の大手メーカーから出ているものはほとんどこちらの硫酸系成分です↑↑)

②石けん系
洗浄力は強いが、刺激はやや強い程度
⇒古くからの製法で天然成分でつくられているのが安心ですが、洗浄力が強いので人によっては肌へ刺激を感じることも。
ヘアカラーの色が落ちやすいのがデメリットです

◆主な成分
脂肪酸Na、脂肪酸K、オレイン酸K、石けん素地(カリ石けん素地)

③アミノ酸系
洗浄力がマイルドで、刺激も弱い
⇒アミノ酸シャンプーは髪と肌と同じ弱酸性のため肌に優しく、美容院でよく使用されています。

◆主な成分
ココイルアラニンTEA、ココイルグルタミン酸TEA(Na)、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルグルタミン酸TEA

各特徴をまとめてみたので、ぜひシャンプーを買う時の参考にしてみてください(^^)

年齢を重ねていくと、人間は水分が減り誰しもが乾燥肌になっていきます。

乾燥肌はシミや大人ニキビ、アトピーの原因になります。

そのためシャンプーも肌に一番優しいアミノ酸系シャンプーをオススメします(^^)

当店でも、肌と髪の保湿をケアするシャンプーをお取り扱いしております。

髪だけでなく、肌の保湿もできる、アミノ酸系シャンプー。

成分表を見て頂ければ、しっかりアミノ酸ということが分ります♡

ちなみに当店のシャンプーは、”ココイルグルタミン酸TEA”というアミノ酸系洗浄成分です!

今、自分が使っているシャンプーがどんな洗浄成分なのかな?と気になる方は、是非成分表を見てみて下さい!

シャンプーの成分表は必ず最初に【水】と書かれていて、その次に書かれているのが洗浄成分です!

もしそこに

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA、ラウレス-3硫酸アンモニウム、ラウリルエーテル硫酸Na

のどれかが書かれていたのなら、洗浄力が一番強い種類なので自ら頭皮を傷めていることになります。

毎日ワックスを使っている方や、頭皮の皮脂過多で悩んでいる方は洗浄力が強くてもいいですが、肌荒れや薄毛、頭皮の炎症などで悩んでいる方はすぐに変えてあげた方がいいです(>_<)

 

◆市販のシャンプーを買う時に気をつけて頂きたいこと

アミノ酸系で優しい洗い心地とうたいながら、硫酸系も配合しているモノが売られています。

オーガニックシャンプーと言いながら、硫酸系配合のものがいっぱいあります。

謳い文句にだまされないよう、しっかり裏の成分表をチェックしてシャンプーを選ぶようにしましょう!!

私は、市販の洗浄剤で信頼できるのは”石けん系”のものかなと思っています。シャンプーに限らず、ハンドソープやボディソープ含めてです。

パッケージやうたい文句が、成分表のとおりだからです。

 

肌は、生きた細胞。

髪は、死んだ細胞です。だから切っても痛くないんです。

シリコンがよくない、と言われますが、シリコンは死んだ細胞である髪に塗布するものです。ハリコシが改善しますので!
ですので、トリートメントに入っている分には問題ありません!

一方、シャンプーは生きた細胞である地肌まで塗布します。
ですのでシャンプーにシリコンが入っているのはちょっと問題です。

このようにちゃんと細胞や成分のことを理解すれば、情報に惑わされることはなくなります(^^)/

シリコンよりも気にして欲しいのは、洗浄成分です(>_<)

ぜひ今日からシャンプー、見直してみて下さいね♡

では(^^)/

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)